古本買取に関して売る側の立場から言うと必ずしも高値で買取ってもらえるとは思っていないものです。そもそも自分でも不要な品なのだから、正直に言えばただで引き取ってもらえるだけで十分だと考える人が多いのではないでしょうか。しかし人間とは欲深いもので、そうして引き取ってもらった本の中に、後から値打ちのあるものがあったことが判明すると割り切れない気持ちになるものです。そういったことが無いようにするために古本買取ショップには万全を期してもらいたいし、また本の価値ということについて常に係りのものに徹底させてほしいものです。

もちろん古本の価値をアルバイトまで含めてショップの人間が完璧に把握することはとても不可能でしょう。そこで古本買取の際には、とりあえず預かると言う形にして一定期間のあいだショップのほうで価値を調べて、もしできることならオークションなり専門の業者の間での売り買いに出してみたらどうでしょうか。もちろんそれだけの手間をかけた結果価値がないと判明したら、ショップの赤字がとんでもないことになりそうなので、少なくとも希望者に対してだけこのようなサービスをオプションとして行うようにすれば、本を売りに来た人間から手数料を取れるでしょうし、またその際に過去の実績を提示することでサービスを利用するかどうかの判断が出来るようになるのではないでしょうか。これだけの用意がしてあれば仮に価値のある本を安く買われたとしても納得せざるを得ないし、またそれが古本買取に対する醍醐味のようなものになるでしょう。

問題はそこまでのことをやってくれる古本屋が存在しないことですが、考えると現代はネット上のオークションなどもかなり頻繁に行われているのだから、本の価値に対して厳しい目を持っている人なら大体いくらくらいになるのか想像がつくものだし、また古本屋に持っていくくらいなら自分でオークションに出すと言う選択をするかもしれません。したがって古本屋自体が客に代わってそこまでのサービスを提供していかないと、やがては誰も古本屋に買取り依頼をしなくなるのではないでしょうか。少なくとも現代は、店で待っていれば客のほうから価値のある本を持ってきてくれるという時代ではなくなっているはずです。したがって古本屋としても本のやりとりにおける仲介業が本来の仕事だと割り切って、さまざまなサービスを提供していくことが時代のニーズに合っているのではないでしょうか。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required


*