古本買取を生業としているところは多数あります。店頭でサービスを展開しているところもありますし、中にはホームページを運営していて、そのサイトから宅配の手続きができるところもあります。店頭の場合は、古本買取の他、ゲームの買取も請け負っているところが最近では増えました。お店によって高く売れる商品に特徴がある傾向があり、古本買取のお店が近所に複数ある場合は比較して高いところで売ると良いでしょう。またお店によっては複数で売ると買取価格が高くなるところもあります。

本であれば数十冊単位で売ると、その冊数に応じて値段が上がるサービスを展開していることが多いです。インターネットを活用して売る場合は、ホームページから買取を依頼後にダンボールなどに本を詰めて郵送する、といった方法が一般的です。詳しい依頼方法はその会社によって異なる場合がありますが、ホームページにはガイドがあるので、そこに書かれている通りにすれば問題はありません。サービスによっては、ダンボールを郵送してくれるところもあります。無料で郵送してくれるところもあるので、あらかじめ調べた上で利用すると良いでしょう。また、事前に見積もりが可能であるサイトもあります。本の情報をメールフォームなどに入力し送信すると後日、いくらで売れるか把握できます。ちなみにインターネット上での買取サービスでもまとめて売ると買取価格が上がるところがあります。

仕組みとしては店頭での買取と似ていて、総じて単品で売るよりもまとめて売ったほうが得である場合が多いです。店頭であれ、インターネットでの宅配サービスであれ、大抵の古本買取のお店は新らしい本のほうが高値で売れやすいです。またよく売れている本の高価買取を実施しているところや、漫画であればアニメ化が決まっている、もしくはアニメ放送中の作品であれば高価になるといったところもあります。お店よってはそのお店にない本だと高値で買い取ってくれる場合もあります。大抵のところでは、売る前にいくらで買い取ってもらえるか調べることができるので、売り値を事前に把握したい場合は、そういったサービスを利用しましょう。複数のお店でそういったサービスを利用すれば、より高いところを選択できます。あと本によっては付属品が付いていることもあります。例えば参考書などでは、音声ファイルの入ったCDが入っていることもあるので、売る場合はそういったものをちゃんと付与した上で買取に出しましょう。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required


*