同じ古本買取を行うにしても、店舗によって値段が随分と異なることがある。特に現在流行している書籍に顕著に見られることで、何も考えずに古本買取をお願いすると、損してしまうケースもある。なぜ古本買取の値段が異なるか。大きな理由は「書籍の供給は店舗によって異なる」からである。流行している書籍は、売り目だと見た人によって売却されるケースが多い。また、書籍を購入し、読み、売却するまでを一連の流れにしている人もいるため、常に供給が潤っているのだ。

一方で流行書籍は、当然ながら需要も高い。買取りした先から売れていくため、店舗によってはさらなる買取を必要とし、買取価格が上昇することもある。ただし書籍の需要・供給は店舗によって異なる。店舗の販売方法(例を挙げれば販売場所や宣伝方法など)は当然異なり、それによる需要も上下される。供給量の割に需要が伸びない、あるいは敢えて伸ばしていない店舗の場合、供給過多となり買取価格は下落する。こういった店舗に本を持ち込んでも、損する結果と終わってしまう。書籍を販売する際には、需要が高い店舗を狙うべきだ。目安となるのは、同書籍が店舗のどこで販売されているか。例えば入り口のすぐ側に陳列されている、ポップなどで目立っている店舗の場合、すぐに売れてしまう、つまり需要が高いことが伺える。当然ながら供給量には限界が存在するため、少しでも引き上げようと、買取価格を高くしているケースが多い。

古本買取はそういった店舗に頼むべきなのだ。少しでも買取金額を上げたいのであれば、店舗を複数把握しておく必要がある。自分の行動範囲を考え、本を売る時になったらどの店舗に行くかは、日頃より決めておく必要がある。また、1冊2冊だけを売るために何時間もかけてしまうのでは、消費時間に対して獲得金額が吊り合わなくなってしまう。そうなるのを避けるためには、ある程度の冊数が溜まってから一気に売却するべきだが、そうすると今度は流行を逃してしまうケースがある。この損を避けるためには、日頃より時間を見つけて最寄りの店舗の特性を知っておくか、店舗のチラシ・ホームページを利用する手がある。実際に足を運んでみないと把握できない情報は多いが、確保できる時間が少ないのであれば情報収集範囲を狭める代わり、あまり時間を取らないで済む方法を選ぶべきである。ただ本を売る、という行為に対しても、なんとなく行うのではなく、損をしない売却を行うためには、こういった努力が必要となる。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required


*